2015年02月26日

W-HIFUのメリット・デメリット【1】

ウルセラと、ウルセラの最新版(自称)であるダブロの組み合わせの
『 WーHIFU 』
を昨年より始めていますが、ウルセラ単独よりも明らかに効果が出ます。

ダブロはウルセラよりも効果の出現が早いのですが、効果がなくなるのもウルセラより早い事が欠点です。
ダブロとウルセラを組み合わせることにより、ウルセラ単独施術と比較して

@効果の出現が早い
A効果のピークが高い(より効果が出る)
B持続期間が長い


施術となっています。

@はダブロ、
Aはダブロ+ウルセラの効果で、

これらはウルセラ単独、ダブロ単独よりも照射数が多いので当たり前といえば当たり前の結果です。

そしてBは、おそらく熱作用の相乗効果により、タンパク変性がより高温で広範囲に及ぶことによる結果と推測されます。


ただ、一つ欠点があり、ウルセラ、ダブロ単独より施術後の腫れが多少出てしまいます。

むくみ程度ではありますが、タルミがある部位の腫れがより出るので、
『 W-HIFUをして余計にもたつきが出たけれども治るのか? 』
と施術数日後に心配されてお問い合わせをいただくことがあります。

ウルセラ、ダブロ単独でも腫れが出ることも多いのですが、むくみのような全体的な腫れになります。

一方、W-HIFUの場合は気になるタルミの部分の腫れになります。
これは、改善したい部位により多くの照射をすることによることが原因です。

口角の横、フェイスライン、法令線等の、もたつきが出る部位に多く照射するため、その部位の腫れが周囲よりもでることによって余計にタルミを作ったのと同じ状態になります。
そのために全体的に腫れが出る場合よりも気になる”腫れとなり、

腫れが出やすい方の場合、施術後数日間は
『 良くするつもりでお願いしたのに、治療したら余計にひどくなった 』
となります。

これは腫れが出やすい方ですと施術後4,5日あることもあります。
施術条件によってもダウンタイムが異なり、特に静脈麻酔の場合はよりアクティブに照射するため、ダウンタイムが長くなる傾向があります。
posted by モコ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルセラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114316984
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック