2013年04月13日

サーマクールやウルセラの最適なメンテナンスは??

サーマクールもウルセラも熱の作用を応用した治療です。。
そのため、メンテナンスで最も重要なことは、『熱』 を追加することになります。
ウルセラやサーマクールで熱をかけた部位に,追加して熱をかけることで活力を与え、治療直後の状態に近づけることが出来ます。

img_h0571.gif


そして、熱を追加する機会があるなら、もっと欲張る事が出来ます。
2番目に重要なことは、サーマクールやウルセラの作用深度の補完です。作用しない深さに手を入れてあげれば相乗効果でさらに良くなる筈です。
ウルセラ、サーマクールの弱点は『皮膚の表面』です。しかし、皮膚の表面は光(フォト)やレーザーが良く効く場所のため、治療は簡単です。


img_h0761.gif
つまり、メンテナンスとして最適な治療は、
    

   @熱を追加する + A光やレーザーを照射する  
 治療といえます。

具体的にどの治療がメンテナンスに適しているのでしょう。
熱を追加すると同時に、カバーしきれなかった皮膚の浅い部分に光(フォト)やレーザーを作用させる事が出来る最新の治療が、『トリニティ』 です。


mente12.gif



トリニティの治療は3つのモードの組み合わせになります。目的に応じ、単体のモードだけでも可能です。

・フォトRF(オーロラ)・・・・・・RF(熱)+光

・マトリックスIR・・・・・・・・・・・RF(熱)+レーザー (ポラリスの進化したもの)

・リファームST・・・・・・・・・・・RF(熱)+赤外線


以上3つ全てを同時に行う治療が「トリニティ」となります。(トリニティの「tri」は3の意味です。)
また、治療を行う機械の名前を「eMAX」と呼びます。



triniti how 21.gif



それぞれの効果は??

フォトRF

サーマクール・ウルセラの効果を一段階ステップアップさせながら、シミ・くすみを薄くします。1度の照射で、3割程度色がうすくなります。
また皮膚の表面のハリが出ることで、肌質(テクスチュア)が改善します。

マトリックスIR

もともと美容施術の常連の方々に最も評価が高かった「ポラリス」の最新版です。痛さが最大のデメリットでしたが、痛みが大幅に軽減し、効果も向上しました。
小じわ・ちりめんジワの改善が主な効果ですが、サーマクールやウルセラの効果のピークの2〜3ヶ月の時期に照射すると、ピークが一段ステップアップする事が分かります。 オススメです。

リファームST

最も深層に作用するリファームは、速効性のあるタルミ治療として単体でも評価が高い治療です。
サーマクール・ウルセラ効果の持続期間を延長させる治療としてファーストチョイスとなります。
posted by モコ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サーマクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64847512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック